肌に負担をかけない保湿|若々しく美しい肌を作るビタミンC誘導体入り化粧水を使う
婦人

若々しく美しい肌を作るビタミンC誘導体入り化粧水を使う

このエントリーをはてなブックマークに追加

肌に負担をかけない保湿

化粧

肌に優しい低刺激なもの

保湿を重視したケアは乾燥肌にはとても重要ですが、保湿力にばかり捕らわれていてはいけません。いかに肌に負担をかけない化粧品でケアするかが大切ですから、刺激のある成分が入っていない化粧品を選びましょう。保湿化粧品でも化学物質が使われているものがたくさんあり、保湿成分をしっかりと肌の奥へと浸透させる作用があります。このような化学成分はバリア機能が弱っている乾燥肌には大きなダメージとなる場合が多いですから、添加物などが少ない無添加タイプがおすすめです。肌に浸透しやすくしっとりする保湿化粧品でも、バリア機能を壊す成分が入っているものがありますから、化粧品の安全性を確認してから使うのが大切です。口コミなどをしっかりとチェックして、情報収集を欠かさないようにしましょう。

保湿力の高いセラミド

乾燥肌と相性の良い保湿成分がセラミドです。元々肌にある物質ですから、化粧品で取り入れても肌トラブルが起きにくくしっかりと乾燥を和らげてくれます。バリア機能の約8割を担っているのが細胞間脂質で、細胞間脂質の約4割から6割程度がセラミドで占められています。角質細胞の間でしっかりと水分を挟み込んで保湿してくれますから、水分の蒸発を防いで健やかな角質を作るのに役立ちます。また、外から異物が入り込もうとするのを防御してくれますから、肌荒れなども起こしにくくなります。低下しているバリア機能の代わりとして働いてくれて、肌の回復を促す作用がありますから、乾燥肌対策には最適です。たっぷりとセラミドがある肌だと水分と油分のバランスも取れますから、潤いとハリを高めてくれます。